なんじゃもんじゃ満開

静岡県駿府公園の少し北にある城北公園。春には桜が美しく公園中央の花時計の向こうから富士山がやさしく見守ってくれています。今は、淡い紫の藤の花が香りを漂わせ、春から初夏に向かう時を飾ります。

そして皆様に見て頂きたいこの花!通称「なんじゃもんじゃ」と地元の方に親しまれています。木の高さもあり立派に公園の木立を作っています。青空に映える美しい白いお花を、ご覧下さいね。

 

 

 

 

 

ブルームーン

331日。ブルームーンだったそうです。これは“月に2回満月が見れちゃう”ラッキーな現象らしい・・。のです。しかも、今年は1月と3月に2回も!これに遭遇するには19年も待たなければならないというので、私達は超~ラッキーな時を生きているのです。とはいえ興味がなければ「何ともない」現象なのかも知れないのですが。

実は私。知らずに3月31日のイブの日(30日デス)。写真を撮っておりました。当日でなくてすみません。その日、桜の美しさと月の美しさがとっても素晴らしかったので、ブルームーンの存在を全く知らずに撮ったのですが、後から知ってよく見てみると、「あらっ!ブルー~」。

このブルームーンは色とは関係の無いネーミングのようですが、なんと!このお月様の放つ光が、少しブルーのような気がしませんか?青い月と呼ばれる現象と、ブルームーンが重なった現象なのかもしれません。と、言うことで写真をご覧いただきたくてアップしました。

皆様にしあわせが降り注ぎますように!

 

2018年ことはじめ

2018年がはじまり、早くも1月半ばになりました。
今年は寒気が強く、豪雪の地域も多いと聞いています。
シンエイグループ本部のある大阪も寒いですが、
今のところ雪が積もるといったこともなく過ごさせていただいております。
最近、インフルエンザの報告もポチっと来ています。
あったかいスープや飲み物など、ほっこりタイムを上手に取り入れて
オン、オフをお過ごし下さいね。
それでは、また。

段ボールの基礎知識 第2回

さて、第1回から随分間があいてしまいましたが、段ボールの基礎知識 第2回です。
前回は、段ボールは波形の中しん・表ライナー・裏ライナーという原紙からできている、というお話でした。
段ボールの基礎知識 第1回 段ボールとは
 
 
第2回 段ボール原紙
 
一般に、紙(洋紙)に比べて坪量(g/m2)や厚さが大きい紙を総称して「板紙」といいます。板紙の中でも段ボールを製造するために使用するものを段ボール原紙とよんでいます。
経済産業省の板紙品種分類表の中では表1のように分類・解説されています。

※1 外装ライナーについては、JIS規格 P3902に規定されていますが、クラフトライナー、ジュートライナーの区分ではなく、強度によって3段階に分類されています。
※2 中しん原紙については、JIS規格 P3904に規定されていますが、パルプしん、特しんの区分ではなく、強度によって3段階に分類されています。
(JIS P3902、3904参照)

サボテン

シンエイグループ本社近くの立派なサボテンに、

黄色いきれいな花が咲いています!

灰色くもり空の中、明るい黄色が嬉しいですね。