Home > ゲラ刷り検証システム

これまで完成品の検査は、人の目でチェックする方法に頼っていましたが、このシステムにより印刷前の正 確な検証が可能になりました。 他社では出来上がった印版を品質に問題がないかを確認するため、印版にスタンプインキを付けて手作業で 紙に写し取り(ゲラ刷り)、お客様に承認いただいた校正原稿や印刷設計書と目視、消し込み確認を行って きましたが、これでは不具合を完全に防ぐことは出来ません。 シンエイグループではゲラ刷り検証システムを導入し、目視確認の際の見落としを防ぎ、お客様に安心して ご使用いただける製品を、お届けできるシステムを構築しました。

■校正機 従来手作業にて作成していたゲラ刷りを機械化。 これにより、手作業でのゲラ取りによるゲラの色ズレを軽減。 印版を貼り込む際のズレや、印版の厚みムラを確認しており ます。 (流れ1800mmのものまで可能)

■大判スキャナ 54inchの大型スキャナ。 幅1400mmまで、長さは無制限にスキャンすることが出来、 厚みも15mm厚のものまで対応可能ですので、お客様よりお 預かりしたサンプルケースもまるごとスキャンできます。 仕上がったゲラ刷りは、この大判スキャナにてデータ化され 保管することが出来るようになりました。

■検証システム 大判スキャナにてデータ化したゲラ刷りと、お客様に承認い ただいた校正原稿をこの検証システムにかけ、印版の貼り込 み位置間違い等の不具合を検証しております。また、印刷設 計書と校正原稿、お客様よりお預かりした原稿データと当社 が作成した製版データといった、データ同士の検証にも使用 しており、さまざまな場面でミスを未然に防ぐため活用して おります。 また、検証結果をレポート出力することが出来ますので、お 客様へ提出することも可能となっております。