取引保険会社担当者よりワンポイントアドバイス~社内報第16号より


あなたには余裕がありますか。
これは最近私が遭遇した一場面です。仕事先から車を停めている駐車場へ向かうとき、片側一車線ずつの信号のない横断歩道を渡ろうとして待っていた時でした。結構車の通りも多く、「なかなか渡れないな」と思って待っていました。すると一方の車の流れが切れたときに通りかかった一台のスポーツカーが横断歩道の手前でスッと止まってくれたのです。私はありがとうと手を上げて横断歩道を渡らせてもらいました。運転していたのは少しやんちゃそうな二〇代半ばのお兄さんでした。以前、犬の散歩のときに、同じように信号のない横断歩道で車の流れが切れるのを待っていた時にパトカーが通りかかり、手前で赤色灯を回して止まってくれ、マイクで「どうぞ渡ってください」と声をかけられたことがありましたが、このときはさすがに恥ずかしかったのを覚えています。でも一般の車が信号のない横断歩道で止まってくれることはあまり経験がありません。
道路交通法上は横断歩道では歩行者が優先で歩行者の通行を妨げてはならないとなっていますが、実際には車にも流れがあり、その流れの中で止まるということはなかなかできることではありません。なぜならその時のスピード、後続車との車間距離、対向車の有無などさまざまな面で余裕をもって確認できていないと自分が事故を引き起こす原因になってしまうからです。実際、JAFの昨年十月の調査でもなんと86%の車が止まっていないことが分かっていて、かく言う私も確実に安全が確認できないときには止まれていません。
ここで少し考えてみましょう。なぜ止まれないのか、です。信号機のない横断歩道の手前には路面に白色で縦長の菱型の模様(◇◇)が記されているのを皆さんご存知だと思います。(ほかにも標識で示されているものもあります)まずはこの菱形に気づく余裕があるかどうかです。運転自体に余裕があれば、周りにも目配りができ、当然視界に入ってくるはずですが、余裕がなければ前ばかり見て運転してしまいます。以前にも書かせていただきましたが、運転は「目配り」「気配り」「思いやり」ということ思い出してください。そして何より余裕を持った行動をお願いしてきました。


事故を起こしたときに、「こんなはずではなかった」と思われる人も多いと思いますが、事故によって不幸になるのは被害者のみならず、加害者もしかりです。そのような事態にならないためにも、自分自身に「余裕があるのか、ないのか」を考えてみましょう。信号のない横断歩道でスッと止まれ、「どうぞ」という優しい運転には優しい反応があると私はいつも思っています。事故のない、お互いに気持ちいい社会であるためにも・・・

石津会計事務所のなるほど税制メモ「110万円の壁について」~社内報第16号より

表題の数字を見られた皆様は、“103万円の壁,,の間違いではないかと思われたと思います。いわゆる配偶者が就業時間を調整することによってご主人本人に配偶者控除が適用される103万円以内にパート収入を抑える“103万円の壁,,のことではないかと。

私が本題で提案した“110万円の壁,,とは、実は一般的に親子間など身内の中で現金等の財産の贈与が行われた場合に課税されない限度額が110万円ということです。

ところが前述した“103万円の壁,,と異なり、この“110万円の壁,,は絶対的なものでは有りません。

いくつか具体例を挙げてみますと、①贈与の日において婚姻期間が20年以上である配偶者から居住用の不動産や不動産を取得する金銭を受けても2,000万円分までは課税されないということ。 ②平成33年12月31日までの間に20歳以上の者(但し、所得金額が2,000万円以下)が直系尊属(両親祖父母等)から一定の新築等を行うため住宅取得等の資金の贈与を受けた場合は、年によって差異はありますが1,000万円前後の課税が控除されるということ。 ③平成31年3月31日までの間、30歳未満の者が直系尊属から教育資金の一括贈与を受けた場合、条件は有りますが1,500万円まで贈与税が非課税となるということ。④同じく平成31年3月31日までの間、20歳以上50歳未満の者が直系尊属から贈与を受ける場合、一定の条件を確保する必要が有りますが、1,000万円まで贈与税の非課税措置があるということ等、贈与における110万円の壁の高さが上下する訳であります(但し、③④については条件が細かく設定されていますので、慎重に対処する必要が有ります。)。

最後に、前述した“103万円の壁,,については平成29年度税制改正により、配偶者控除・配偶者特別控除が見直され、所得控除額38万円の対象となる配偶者の年間給与収入の上限が150万円(改正前103万円)に引き上げられ、これに伴い配偶者特別控除の適用される範囲が年間給与収入201万円に拡大されました。その一方で、配偶者控除に納税者本人の所得制限が導入されました。(表Ⓐ参照)

税制は毎年目まぐるしく変わりますが、この提案が皆様の一助となりますことを願っております。

 

税理士  石津 良行

業界情報~社内報第16号より

段ボール原紙の価格が5月21日より20%以上の値上げが日本製紙より発表されました。 他の大手メーカーも続いて原紙の値上げをすると見られます。 古紙の価格が上昇した事が要因で、板紙業界では昔から 「古紙を制する者が段ボールを制す」 という言葉がある位、古紙は段ボールの価格に影響してきます。 みなさんも知っている様に段ボールは90%が古紙から出来ている事を考えると当然な話ですが・・・しかし原紙が値上がりしたからと言って、その差額分を段ボール箱の価格に上乗せ出来る・・そう甘い市場ではありまん。従って段ボール会社にとっては、大きく利益を左右する頭の痛い話です。 その他にも輸送コストの高騰や、ドライバー不足など色々と問題も抱えており、厳しい状況下にある段ボール業界です。しかしながら、製紙業界全体から見ますと段ボールは非常に恵まれた業界だと言えそうです。 その理由は下のグラフをみて頂くと一目瞭然です。

新聞紙や情報紙が毎年激減している中で、段ボールの生産量だけは僅かですが、毎年確実に増え、2017年の予想も1~2%の伸びが予想されています。これは本当に凄い事です。 真永グループは今年で創業50年を迎える事になりますが、同じ仕事を50年続けて未だに業界が伸びている・・・そんな恵まれた業種なんて、そうそうざらには有りません。  興味深い事に、この状況は日本国内だけでなく、海外でも同じ現象が起きており、この流れは簡単に変わりそうにはありません。 伸びている理由の一つとしてネット通販の急増が考えられます。  特に中国の伸び率は日本の比ではありません、ネット通販が好調な中国では、古紙が不足しその結果、段ボールが高騰しています。   人口が日本の10倍以上あり、 現在 携帯電話を含むインターネット利用人口が7億人を超えている中国人が、ネットで買い物をする訳ですから、段ボール箱の使用量もケタ違いです。

 

ところで、ネット通販で商品を購入すると中身に比べ大きな箱に梱包されて届く事があります。  私も 先日Amazonでラジオペンチを買ったところ、届いた箱の大きさにビックリ! 箱を開けて更にビックリ!それが右の写真です。 これって凄く 段ボールのムダ使いに思えませんか?  後日、ヤマト運輸の担当者に聞いてみてたところ、 流通業界では 「コンテナリゼーション」と言われているらしく、箱の種類を統一する事で、流通がスムーズになるそうです。それは、B5やハガキサイズの書類をA4に統一する事で、ファイルし易くなるのと同じ原理で 様々なメリットがあります。例えば寸法を統一する事で コンテナに積込んだ時に、無駄なスペースが無くなり、荷崩れの防止になる。 又、トラックを手配する時でも1,000個を配送する為には、4tトラック何台が必要であるか?・・・
これまではベテランの経験とカンに頼っていた車両の手配が未経験者でも、数字を入力するだけで簡単に積載量が計算できる様になり、無駄なく車両の手配が出来る様になりました。 更に Amazonを初め、楽天やアスクルなど流通倉庫では無人化が進んでおり、梱包や仕分けは全て自動化され、規格を統一する事でスピードUPとコストDOWNを両立しているのです。一方でライバルである 宅配大手でも驚く様な合理化が始まっています。業界1位のヤマト運輸と、2位の佐川急便そして、3位の日本郵便が手を組んで 首都圏の高層ビルなどで3社の荷物を1社に集約して配るサービスが始まっています。  1社が他のライバル会社の荷物を預かり、一括して届ける凄い発想です。 運送会社のメリットは計り知れませんが、受取る側も3社別々に受取るよりも、1社でまとめて配達してもらった方が無駄な手間が省け、お互いにメリットが生まれます。 今後地方の大型マンションなどでも確実に広がって行くと思われます。 ”これぞ人材不足を補う為、考え抜いた末に生まれた苦肉の策”と云うべきだと思います。我々も見習うべき点は多々あるのではないでしょうか・・・
 
以 上
 
平成29年5月吉日        四国眞永 工場長 髙木 博史