三色団子 その2

先日、三色団子の色の順序と意味についてご紹介しましたが、

今回は、また別の説をご紹介します。

 

それは団子の三色が季節を表しているというものです。

ピンクは桜の色、または太陽の色で春を、白は雪で冬を、緑は新緑で夏を表しています。

ところで、この中には秋が見当たりませんが、、、

「秋がない」=「あきない」→食べ「飽きない」というオチだそうです。

 

 

さらに、三色とも春を表すという説も。

ピンクは桜色、太陽の色。

白は白酒、または残雪で早春や春の白い空を。

緑は一斉に芽吹く緑やよもぎを。

 

このように由来を考えれば、より一層春を感じつつ、おいしくいただくことができそうですね。

三色団子の色の順序

もうすぐ桜の季節ですね。みなさまは毎年お花見を楽しんでいますか?
 
お花見のお伴と言えば、三色団子。
 
三色団子の三色の順序、思い出すことは出来ますか?上から順にピンク、白、緑という順序で串に刺さっており、これには実は意味があります。

いくつか説があるようですが、ここではひとつをご紹介します。

それは、桜が咲く順序を表している、というものです。

ピンク色のつぼみがつき、白い花が咲き、花が散った後に緑の葉が出る―――串ひとつで桜の季節を表しているとは何とも素敵ですね。

 

 

三色団子を食べる由来などさらに知りたい方はこちら

 

普通免許でトラックが乗れなくなる?

2017年3月12日に準中型免許が施行され、普通免許の積載量と車両重量の区分が変更されるそうです。

「トラックの図書館」
普通免許でトラックが乗れなくなる!/新制度が開始される2017年3月11日までに普通免許を取得するべし!/準中型免許が新設された新制度と現行制度の比較

年末調整のおはなし

 毎年この時期に行う年末調整は、給与所得者にとっての決算に当たります。計算期間は毎年1月1日から12月31日です。
 会社は設立時に決算期(シンエイグループは毎年10月1日から9月30日)を定め、その期間で1年の総決算を行います。個人業者(法人設立しない者)は、私たちと同じ毎年1月1日から12月31日までと定められています。そのため、確定申告の時期(2月16日から3月15日)、税務署は大混雑です。芸能人やスポーツ界など、有名人の確定申告の取材風景がニュースで見られるのも恒例行事ですよね。また、確定申告は、給与所得者の初回住宅控除の申請や、医療費控除、2か所以上の所得者の申告などが集中するため、税務署もこの時期ばかりは人であふれています。(^_^;)
 話が少し逸れましたが、年末調整は、会社が税務署に代わって1年の計をし、各々の所得額の申告と、所得税の納付をします。その結果がみなさまに交付される「給与所得の源泉徴収票」です。このように1年間の収支の総計算をしますので、収支の“収”の部分では、前職のある中途入社の方は前職の源泉徴収票が必要となるわけです。また、“支”は給与所得者の場合、控除に当たります。正しい税計算を行うために、扶養家族の所得、生年月日、保険料等の控除証明書が必要になります。
 それでは、今年も年末調整にご協力を!。。。(^_-)v

 

 

 

シンエイグループ社内報 第3号 2013.12.1発行 より