段ボールの基礎知識 第2回

さて、第1回から随分間があいてしまいましたが、段ボールの基礎知識 第2回です。
前回は、段ボールは波形の中しん・表ライナー・裏ライナーという原紙からできている、というお話でした。
段ボールの基礎知識 第1回 段ボールとは
 
 
第2回 段ボール原紙
 
一般に、紙(洋紙)に比べて坪量(g/m2)や厚さが大きい紙を総称して「板紙」といいます。板紙の中でも段ボールを製造するために使用するものを段ボール原紙とよんでいます。
経済産業省の板紙品種分類表の中では表1のように分類・解説されています。

※1 外装ライナーについては、JIS規格 P3902に規定されていますが、クラフトライナー、ジュートライナーの区分ではなく、強度によって3段階に分類されています。
※2 中しん原紙については、JIS規格 P3904に規定されていますが、パルプしん、特しんの区分ではなく、強度によって3段階に分類されています。
(JIS P3902、3904参照)